お問い合わせ会社概要



  *新しい衣類や糊付けした衣類は一度洗って糊を落とし、しっかりと乾燥させておきましょう。また、シワも取っておくと絵付けしやすくなります。
*衣類に描く際は必ず間に紙類を入れて、インクが裏側に移るのを防ぎましょう。
  紙の代わりに紙やすり(#200程度)を入れると、ペン先のひっかかりを抑える役割もするので、おすすめです。
  *必ず商品の使用説明や注意書きを読んでから使用するようにしましょう。
*必ず不要な布などを準備しておき、試し書きをしてインクの色や出方を確認してから使い始めるようにしましょう。
  着なくなったTシャツなどをカットしてストックしておくと便利です。インクの性質に合わせ、黒・白用意しておくとより便利です。


しっかりシワをのばして干しましょう。


  *キャップを長時間あけたままにするのはやめましょう。ペン先が乾燥してインクが出にくくなったり、色が濃くなったりします。
*布スプレーを使用する際には、マスキングをしっかりとし、浮いている部分や隙間がないかよく確認してから塗布するようにしましょう。スプレーブースを作って行うとより安心です。
  スプレーインクは非常に小さな隙間にも入り込みますので、注意しましょう。また、広範囲にインクが飛ぶ可能性があるので、大きめにマスキングしましょう。
  *隣同士の面を別色で塗る時は、薄い色を先に塗るようにし、先に塗った色が乾いてから隣の色を塗るようにしましょう。(混色する場合は乾く前におこなうこと)
*重ね塗りをする際は、最初に塗った部分がしっかりと乾燥したことを確認してから おこなうようにしましょう。



ファブリックマーカーなどは
白系の試し布

布描きしましょなどは黒系の
試し布



マスキングには新聞紙や養生テープを使いましょう。


  *必ず使用説明等に表記しているお手入れ方法通りのお手入れを行ってから保管しましょう。
*マーカーは必ず横向きに保管しましょう。スプレーは立てて保管しましょう。
*できるだけインクは1年以内に使い切るようにしましょう。




  布描きしましょシリーズは、ペン先のお手入れが重要です。


  *作品は一晩以上換気のよい場所に吊るして乾かし、その後アイロン掛けや洗濯を行うようにしましょう。
  アイロン掛けを行う際は不要な布を当て布にして、数秒間押さえるようにしてかけます。粗熱が取れたらそっとはがすように当て布を取ります。
  *洗濯の際は裏返して洗濯ネットに入れて洗うと、より作品が長持ちします。乾燥機のご利用は、お避けください。
*長期間保管する際は、インク同士がくっつかないようにするために作品全体に軽く市販のベビーパウダーをふりかけ、ハトロン紙のような紙を間にはさんで絵を内側にして 畳むようにしましょう。
  インク同士が長期間圧力がかかっている中でくっつき合っていると、インクが取れてしまう場合があります。また、他の布に触れているとそちらに移ってしまう場合があります。
   



アイロンの温度は『綿』の表示に合わせましょう。


【ご注意】布描きマーカー・布スプレーなどは、デザインを楽しむためのものであり、
劣化した生地の補修や染めるために使用するものではありません。
綿100%・ポリ混合(20〜30%)などでご使用ください。
ポリエステル100%や化学繊維、防水・撥水加工品には適していませんので使用はお控えください。

先頭に戻る  ●総合カタログトップ
ご利用規約プライバシーポリシー
Count